読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

タナトスフォビアについて

タナトスフォビア

死恐怖症のことを言う

 

幼いころから「死」をずっと恐れていた。

毎晩、寝るときに死にませんようにってずっと祈っていた。

誰に聞いても理解してもらえなかった。

 

「いつ死んでも良いように精一杯生きれば良い」

 

とかいう教科書に載ってそうな返答が返ってくるだけだった。

私は、ずっと自分のアタマがおかしいのだと思っていた。

 

でも、タナトスフォビア(死恐怖症)は恐ろしいほどに多いみたい。

検索すると結構出てくる。

私はこれが恐怖症だとは思っていなかった。

 

でもやっぱりみんな怖いんだと思うと安心する。

そして、安心してもなお怖いという事実をつきつけられて辟易する。

 

私たちになぜこの「タナトスオビア」なる感覚が植えつけられたのか、

誰か答えを教えてくれるのをずっと待っている。

 

今でもね。