読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

スペイン巡礼について

4月から派遣社員としてとある大手IT企業に勤め始めた私。

3年間夫婦で起業して有名なベンチャー企業となるまで偉そうに人に支持を出し、監督してきた私にとって、普通の28歳に戻るべく、荒治療としてまさかの派遣社員になってみた。

というのも、去年の11月、離婚と共に(当たり前だけど)退職したからだ。

お金に関しては、毎月30万ほど元夫より支払われていて、手元には500万ほどあるので、別に私の性格としては、「使い切るまで遊べばいっか〜」な精神状態だったのだが、無職状態&好き勝手海外旅行という日々を過ごしていたある日、(あれ?私ってもはや社会不適応者なんじゃ・・・)疑惑が湧き出てきてしまい、なんだかもやもやする日々が続き、結局、ドアtoドア30分未満想定であった今回の会社に就職することにしてみた。

前々職では、所謂ブラック企業に勤めていて、そこでは、派遣社員は人生を舐めてる女の成れの果て扱いを受けていた。(体調不良による休みが多くなり、1箇月前後で7割が居なくなるというギネスにも載れるんじゃねえかという事態が恒常的に発生していた)そこで、社長の口うるさいヒステリー妻を除けば唯一の女性社員として、生理がかれこれ半年も止まるという事態になってまで、働いていた私としては、実は、派遣という形態に興味を持っていた。いつかは独立する(と行くたびに様々な占い師に言われるだけだが)と考えている私としては、派遣社員の気持ちも理解しておく必要があるんじゃ?という感覚で、派遣に挑戦しようと思い立ったのである。

 

まあ、結果としては(まだ働きはじめて1箇月だが)、死にたくなっている。

以上である。

 

なぜ、派遣という形態で働く人が多発しているのかもはや理解不能である。

このままあと数年働けと言われたら、手首を・・・切れないので、服毒自殺か、いつも遅延を起こしている憎きあの路線に仕返ししてやるために、飛び込み自殺すると思う。(身内に損害賠償かけられるようなので、やっぱり普通に死のうとは思っているが)

 

だって、大手企業なんて、前々職の朝7時から夜11時まで働かされて二束三文しかおら得なかったブラックベンチャー企業に比べれば、かなり緩いものだし(だってみんな定時+1〜2時間で帰れてる)、だったら、派遣じゃなくて正社員でよくね?って思う私なのである。実際、派遣で今の会社に通勤している私としては今すぐ辞めて、社員になるわって思う。(TOEIC800以上なら余裕で社員になれる会社だから)

 

そんなゆるゆる企業であえて「派遣さん」として行っていることにすでに腹が立ってきたし、長かった会社の第2位ポジション勤務生活のせいで、プライドはエベレストのように高くなってしまっている、クソみたいな私にとっては苦痛でしかないのである。かつ、社員だからとて、派遣である私より客観的に見て優れているとは言い難い方々が多い中で、一体どうやって折り合いをつければいいというんだ?

 

と毎日思って出勤していた。そして、仕事がすぐ終わってしまい、仕事がなさすぎて、お金をもらっている以上、期待値以上の仕事をしないと気に入らない性格の私はもちろん他の社員に「なにか仕事ありませんか?」となんども何度も聞く。だがしかし、平社員というのは、仕事の振り方や、振るべき仕事を理解していないのか、それとも私に対する嫌がらせなのか分からないが、宅配便の伝票を書けだの、荷物を取ってきてくれないかだの、と仰る。それでも、暇してるよりマシだと思い、やっていたけれど、毎日毎日10回も「なにか仕事ありませんか?」と聞いて回っているうちに、とうとうイライラを通り越して、例の鬱がやってきた。毎日帰り道には泣かない日がなくなった。

(なんでこんなことしてるんだ私・・・)

もはや、これはプライドが高いとかの問題じゃなくなってきた。

プライドがあろうと、なかろうと、高かろうと、低かろうと、こんな状況で楽しく生きていけるはずがない・・・!

そう思っていた私だが、ものすごく我慢してやりすごそうとしていた。

でも、やっぱり無理だった。

堪忍袋の尾が伸びて、伸びきって、そして、弾けた。