読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

みんなどうして辛くないのだろう。

 

毎日、同じ時間に起きて、同じ時間に電車(しかも満員)に乗って、同じ時間に出社して、クソみたいな上司か先輩(たまに要領のいい部下)にたまにイラっとしながらも、普通に仕事をして、残業をして、帰る。帰りに発泡酒なんか買っちゃったりして。

それで、帰ったらくだらないテレビを見て、くだらない情報を脳に入れて、ぐだぐだして、何も生産性のない毎日を過ごして、1日を終える。

 

どうして辛くないのだろう。

 

辛いかもしれない。

でも、毎日涙が止まらなくなるとか、ふと明日から出社したくなるとか、そういう人はもう「私、鬱なんです」って言って会社行かなくなってるはずでしょ?

じゃなきゃこんなに鬱休みが多いわけないよね。

鬱にもなれない、普通にもなれない、感覚を麻痺させることもできない、、、

そんな人間は一体どうしたらいい?

 

仕事を辞めるしかないよね。

辞めるのは怖い。だってみんなにダメ烙印を押される気がするから。

でも、ダメだと思われたって、こっちだってあなたたちのこと、かなりダメだって思っているのは事実だし、変わらない。

 

昔、クレヨンしんちゃんが言っていた。

駅のホームで、駅員さんがアナウンスで、

「危ないので、白線の内側でお待ち下さい。」

って言ったとき、しんちゃんは、

「こっちが白線の内側だよ」って、所謂白線の外側に立って言った。

みさえは怒り狂ってる、というよくあるシーン。

この部分を読んだ人で、これは正に道理だ、と思った人はいるだろうか。

あのシーンにおいて、しんちゃんの視点に立って見れば、

彼にとってはそこが「内側」だったのだ。

東西南北と違って、内と外や、右や左、はどちらを向いて立っているかで違う。

それと同じで、物事をどの視点から見るかによって見え方は180度変わる。

 

わたしの「くだらねえな」が、あちらサイドの人間からしたら、「満足」だったりする。

そして、逆に彼らの「くだらねえな」が、わたしの「満足」だったりもするのだ。

 

それでいい。わたしはわたしの道を行く。