読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

歯医者と私(1)

実は、私にはほとんど歯がない。

8割方、歯を失っているか、被せ物である。

 

もともと、小さい頃から歯が弱く、磨いても磨いても虫歯に蝕まれていた。(親父ギャグね)

 

にもかかわらず、歯医者が大嫌いな私に母には常々、

「歯だけは大事にしなさいよ。歯は治らないんだから。」

と口酸っぱく言っていたのを今でも思い出す。

そんなこと知ったことか、と当時の私は思っていた。

 

そんな私に言ってやりたい。

 

「歯は二度と戻らねえんだからな!」

 

歯医者に行っても、田舎だったからかなんだか知らないが、虫歯は続出。

 

そのまま、過食嘔吐の暗黒時代に突入した。2004年から2016年の現在まで、暗黒時代は尚も継続中である。

 

歯がもともと弱い、その上、歯ぎしりは毎晩、その上に過食嘔吐だ。

歯が無事に残ってる方が奇跡というものだろう。

 

歯医者に行けば、「うわっ…」っていう反応をされ、ますます行きたくなくなる。大学時代にはほとんど銀歯か、抜歯でブリッジ銀歯だった。

 

ただ、見た目は良かったらしく、

「性行為1回につき、インプラント1本」というヤバいオファーをしてくるヘンタイ物好き歯医者もいた。

それを受けたかどうかは私のインプラントの数で分かるだろう…

 

って0本だけどね。

 

ある歯医者に10分遅刻したが為に、「お前の歯は見ねえ!帰れ!」という診療拒否をされた事もある。

(まあ私が悪いんだけど)

 

そんなこんなで、ここに歯医者大嫌い人間が生産された訳である。

 

そして、とうとう、

「あと1本抜歯で入れ歯」

という崖っぷちまで立たされたのが去年。

 

そんな中、前歯の被せ物を噛んで砕くというTHE ファック!な事件が勃発。

 

たまたま、オフィスと家から近かったというだけで選んだ歯医者へ行った。

 

そこの歯医者は、最近出来たばかりだった。ただ、銀座で開いている歯医者の別店舗ではあったが。

とても綺麗な内装で、内装の原価から施工費、家賃までだいたい分かってしまう私は身構えた。

(これを回収するために営業されちゃならん…!)と。

そこは、ほとんど自費治療の歯医者だったのだ。行くまで全く気づかなかったアホは、ノコノコとネギ背負って診療室まで入って行ったのだった。

 

私の銀歯だらけのヤバい姿を見て、その若造にしか見えない兄ちゃん(後に分かったのだが、まさかの院長だった)は、

「おっしゃー!やる気出るなーこれ!」

ってテンションアゲアゲで叫んだのだった。

 

...は???

 

である。

いつもビビるのは歯医者であって、決して私ではなかったのに、私は初めてビビったのだった。

 

要は、やりがい(治しがい)のある患者さん来たー!ひゃっほーい!ということらしい。

 

登る山は高ければ高いほどやる気が出るタイプなのね。そう思った。

そして、夫にそういう所が似ているなーって思った。

夫は、まぁ夫としてはさて置き、仕事人としては申し分ない男である。

そうなると、この兄ちゃんも腕はきっと確かだろう、、、という物凄い瞬発的な直感で私は自費治療を決意した。

 

しめて、250万である。

すべてセラミック、インプラント2本、その他諸々諸経費込み。

 

そして、1.5年の辛く長い、時にめちゃめちゃ楽しい治療が始まった。