読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

瞑想の思わぬ収穫

巷でよく聞く瞑想について、ちょっと挑戦してみたものの、

(なんだか、効果がよう分からんなあ・・・)と途中で放り投げた過去のあるわたし。

やはり、目に見えて効果が出ないと続かないような性格なのだろうと思う。

ところが、だ。

この前、ふと思い立って、寝る前に、そのまま寝ちまっても良いように、寝たまんま「瞑想」なるものをしてみた。

常に寝る時は、睡眠の質を測るために、脈拍計をつけているのだけれど、これがなかなか優秀で、脈拍数でレム睡眠かノンレム睡眠かをしっかり測ってくれるのだ。

 

www.epson.jp

いつもは、レム睡眠ばかりで、ノンレム睡眠がめちゃ少ないわたし。

なんと、1分とか(笑)

 

脳の眠り ノンレム睡眠

脳が眠っている状態と考えられています。眠りの深さによって4段階に分けられます。
浅い眠りから深い眠りへと進み、深さのピークを過ぎると今度は逆に深い眠りから浅い眠りとなり、そのあとレム睡眠へと移行します。
居眠りはほとんどがノンレム睡眠で、空いた時間にほんの少し居眠りするだけでも脳の休息になります。

  • ・入眠直後にあらわれる
  • ・夢はほとんどみない
  • ・身体を支える筋肉は働いている
  • ・眠りが深くなるにしたがって、呼吸回数・脈拍が少なくなる

身体の眠り レム睡眠

身体は深く眠っているのに、脳が起きているような状態の浅い眠り。
目覚めの準備状態でもあり、この時に目覚めると気分がすっきりします。

 だがしかし!

そのなんちゃって「瞑想」をしてから、そのまま眠りにつくことによって、ものすごくノンレム睡眠の時間がアップしたのであった!

 

ということで、寝る前にオナニーしている場合ではなくて、瞑想をする必要性を重々感じたのでございました。笑

 

みなさんも、ぜひ、寝る前の「瞑想」をお試しくださいませ〜

 

BEFORE

f:id:xphantasmagoriax:20170117140443p:image

AFTER

f:id:xphantasmagoriax:20170117140458p:image