Way to be HAPPY

Life is a Journey

アゲマンか揚げマンじゅうか議論

最近、私がアゲマンなのかサゲマンなのか揚げまんなのか議論が出てきているけれど、
まあ世に言う「アゲマン」ではないと思う。

ただ私と付き合った人たちが成功した、と言う結果が残っているだけ。

その理由1
見返してやりたい!
俺を捨てたあいつを見返してやりたい!パターン。

当時、私に見事に捨てられた彼は、
離婚して私と結婚する!と言い張っていた。
が、私はそんな他人の家族ぶっ壊します的なカルマしょいたくないし、タイプでもないから、
違う男を見つけ、結婚してしまった。
そんな私をずっと見返してやりたくて、頑張った。
それが、来年上場する会社の社長である。
もう見返したと認識しているのだろう、本人はそう私に語りながら満足そうだった。
そして、上からこう言い放った。
「困ったら、なんでも言えよ。」
誰がお前に頼むかって感じだよね。

その理由2
こいつを幸せにしてやりたい!

起業当初私の元夫はクリスマスをサイゼリアで過ごした時に、
泣きながら、
「こんなクリスマスでごめん。俺、もっと頑張るから。」
と言ってくれた。(今考えるとある意味いいやつだったな)
そして、今、(離婚はしたけど)上場会社の社長やっている。
私には一銭も入ってこないが、まあこれもよしとしよう。

その理由3
私がただできる奴と付き合っていただけパターン

そもそも私は自分がこいつなんかすげえ!と言うところがなければ、
絶対に一瞬でも好きになることはない。
その千里眼がゆくゆくその通りになっただけという。笑

客観的に見れば、私が「アゲマン」に見えるかもしれない。
そして、世の中はなんだか応援してくれる人が「アゲマン」とか、
男を手のひらで転がせる人が「アゲマン」であるとか、
そういう認識が多いことと思う。(実際そうなのかもしれないけれど)

でも、悔しさ、罪悪感、劣等感、それらで育てていくのも、
結果的に成功してれば「アゲマン」だろwww
と振り返って思ってしまった私であった。

別に私は確かに何もしていない。
でも、本人が努力せずに勝手に相手が努力していく、
それも「アゲマン」認定して欲しいw

結果的に相手が成功すればいいんだろ?
ついでに言えば、結果的に私には何もかえってくることはないけれど、
本人たちが成功して良い人生を送ってるんだから、
もう私は「アゲマン」だろ?と最近独言ている。

それもこれも、先日、今付き合っている彼に、
あなたはアゲマンじゃないよね、と言われたことが発端である。
以前の会社では彼と一緒に働いていて、
周りから勝手にアゲマン認定されていた私に対して放った、
報復の言葉であった。

きっと彼は、アゲマンとは男に尽くし、褒め、上げていく女を言っているのだと思う。
だがしかし、残念ながらお前ら男は尽くしても、褒めても、別に成功しないだろ、って思うのは私だけではないだろうよ。

できない奴は、正直何をしても、できないままだと思う。

要は、そこで、何くそ!という気持ちが沸かないような人間は何をしてもらっても、
何が起こっても、きっと成功しないのだと思う。

そこで思ったこと。

お前が梲が上がらない理由を私に求めるんじゃねえよ、ということ。
私が褒めそやして、育てて上げていないから、あなたができないままなんじゃない。
お前にその気概がないからだ、と私は思う。

でも、彼はきっと将来成功するのだと思っている。
そのきっかけが私が居なくなるからか、私に粗末に扱われているからか、
それは定かではないけれど、彼は数年後にまあまあの年収になっていると思う。

社長で成功することはないと思うけれどね。

そして、その時に私は居ない。

次の女にそんなものは差し上げます。

そう思って今一緒にいるのだけれど、たまに本音が漏れちゃって、
彼は私が将来そばに居ないと決めていることを知っている。

それでも、なぜか仕事を頑張っちゃう男のサガよ。
私との将来のために頑張ってるんだって言葉を聞くたびにゾッとする。

私は最初から付き合う時から、あなたと結婚はしないと言っている。
それを聞いていて何故今頑張っているのか、私には全く理解できない。

でも、この私にはよく分からない彼の頑張りが彼をある程度裕福にすると思う。

ということで、私はアゲマンだってことで、良いかしら?(彼には内緒)