Way to be HAPPY

Life is a Journey

生きる意味

私のこの経験はいつか誰かのためになることができるのだろうか。摂食障害になった自分。 躁鬱と診断される自分。 覚醒剤に溺れた自分。 AVに出演した自分。 夫にDVされた自分。 幼児虐待されていたかもしれない自分。 家庭内暴力のある家庭に生まれた自分。 …

処女は中2の時に捨てた。役所の駐車場で。なんてことはなかった。同級生の誰よりも先に済まして見たかった。でも、私はその時処女ですらなかった。とっくのとうに奪われていたのだから。あれから何度もそのことを考えた。私が最初だと思っていた相手から、…

あなたは悪くない

一日かけて書き起こしたよ。 1時間のリーディングを書き起こすのにこんなに時間がかかるものだとは思ってもみなかった。 でも、英語→日本語にする作業も入ってるから、こんなものなのかもしれない。私の実力では。私は解離性同一性障害のようだ。 他にも2…

禁酒生活7日目

今日で先週の衝撃的なリーディングから1WEEK。 そして、禁酒1WEEKでもある。あのリーディングの夜から、私は全くアルコールを摂取していない。 それどころか、昨日までは、すごいヘルシーな食べ物しか食べていなかった。 もはやアルコールについては、別に…

性的虐待2

最近はとても便利な世の中になったと思う。 リーディングも会社の会議だって、家にいながらPC覗くだけでできちゃうんだもんね。 飲み会だって家でPCと睨めっこでやっている人もいるらしい。 (WEB飲み会にはちょっと嫌疑的な私w)PCの画面を通して久しぶりに…

性的虐待

心理学の本が昔から好きだった。 高校生くらいから心理学と名前のつく本は片っ端から読んでいた。 何故心理学が好きだったのかは、自分でも分からなかった。幼少期の性的虐待がトラウマとなり、本人の人格形成に影響をもたらすことや、 それが過食症(摂食障…

自分であって自分でない自分

私は自分のブログをたまーに書いた時に読み返す癖がある。大体は酔っ払ってるからなんなのか書いたことさえ覚えていない。読み返すときの心境は他人が書いたブログを読んでいるような感覚である。でも、ああなるほど。と思う。毎回。ああ、こいつ良いこと書…

運動と精神

寄付って素晴らしいことだよね。このコロナで寄付すると世間がもてはやしてくれる。私も寄付したいけど、とりあえずマイナスこいているのをどうにかしないと寄付さえできないよね。と、これはお金の話だけど、きっと全ての事象にあてはまることなんだよね。…

愛を知らぬ人の行き着く先

他人を愛することはできる。困っている人を助けることはできる。家族のためなら死ねる。でも、男性を愛することができない。それが、私の問題だと思う。性愛が関与するもの、それを無意識か意識的か排除しようとする自分がいる。そういう意味で、異性である…

Stay Hungry Stay Foolish 2

私は家事にも疲れ、仕事にも疲れてきた。誰にも感謝されず、自分の存在意義を見出せなくなっていた。当たり前にやっている人。社内でも、家の中でさえもそんな感じになってきたからだ。当たり前のことを当たり前にやらない人がいる中で、 当たり前のことを当…

Stay Hungry Stay Foolish

今日の私がこのブログに至るまでの話。ここ最近はコロナのお陰で在宅勤務がずっと続いていた。 ようやく私の部下を雇えた数日後、コロナの在宅勤務が始まった。そもそも昭和感漂う会社で、ゆとり世代を馬鹿にするなよというくらいほとんど皆さん仕事をしてい…

7号食ダイエット〜1日目〜

ご無沙汰しまくっております。 最近、過食嘔吐をしなくなってから少しずつ体重は増え… 53kgを突破!しました。 1年前の53kgと違うのは、 筋肉量!!これにつきます。 筋肉量が1.5kg落ちてからの同じ体重、 ということは、そのまま1.5kgが脂肪に変身したこと…

正しいとか正しくないとかはない

すごく久しぶりのブログ。 今日は久しぶりに思うところがあって書いている。人は、正しいとか正しくないとかで判断しがちではないだろうか? その正しいか正しくないかは誰が決めているのだろう。 それは、その発言をしている本人の判断でしかないということ…

アガスティアの葉 全てを聞き終えて

今日、ようやく2年半もの月日を経て、 64回の寺周りを終えて、 アガスティアの葉1章、全てを聞き終えた。今、感じていること、それは「無」である。私は詰まるところ、ずっとこの2年半アガスティアの葉に逃げてきたのだと知った。アガスティアの葉を開…

アガスティアの葉 1章全文

2017年5月某日 @大阪アガスティア聖者が昔書いてくれた葉から○○さんの第一章を読んでいきます。 第一章というのは、今からあなたの人生に起きることを全般に大まかに教えてくるれるものです。 愛で溢れている神様シヴァ神の足元に跪いてアガスティア聖…

アゲマンか揚げマンじゅうか議論

最近、私がアゲマンなのかサゲマンなのか揚げまんなのか議論が出てきているけれど、 まあ世に言う「アゲマン」ではないと思う。ただ私と付き合った人たちが成功した、と言う結果が残っているだけ。その理由1 見返してやりたい! 俺を捨てたあいつを見返して…

いいかげん

普通の人間からすると、私はとても奇異な存在に見えるらしい。私の現在付き合っている人がそうで、 至極もっともな教科書的なアドバイスを頂くけれど 申し訳ないけれど、私が言いたいのはそういうことではない という気持ちににしかなってない。そうじゃない…

アガスティアの葉 ようやく編

アガスティアの葉の続編が12月にようやく明かされることとなる。カルマを解消するまで、続きは教えられない。 と断言されてから、もうすぐ3年。長かった。そして、今思えば早かった。 この感覚のようにこの人生を早く終えたいと思い続けることはいけない…

他人という人生

私の幼い頃からの願い。どうか他人になってみたい。ということ。昔はその願いの理由は、他人になることで自分を客観的に見ること、 そこに主眼が置かれていた。他人の目を恐れていたからだ。今は、違う意味で他人になってみたい。正しくは、他人になることで…

ラッキーな人生はラッキーなのか疑惑

人は皆、努力をすれば報われるとは信じてはいないだろう。その逆で、無意識で、成功した人は努力をしている(なずなのだ)ろうと思っている節がある。私は、借金地獄の人も、ヤクザも、政界の重鎮も、所謂上場企業の社長も、中小企業の社長も、 平社員も、い…

夢の話

私はここ20年ほどずっと津波の夢を見続けている。今まではずっと津波にのまれ続けていた。でも、必ず死んでいない自分を確認して起きていた。昨日、津波は起こるけれども、それに全くのまれない夢を見た。波打ち際で、津波の残りを浴びた程度の夢だった。…

アガスティアの葉

まあ何が言いたいかって、そういうことですよ。そういうことなんだよ。って言って通じる奇跡みたいな親友がいることに感謝している。なんでこんなに分かり合える人間を1人は確保してくれたんだろう、 という事実にもはや感謝しかないわ。話は変わるけれども…

できるからって辛くない訳ではないだろうよ

私は出来る。自分でも謎なのだけれど、やろうと思えば基本的になんでも出来る。この前夢で見たけれど、所謂ドラマの中の女優みたいなものだ。本当に出来る訳ではない。その枠組みの中でできる、または出来るように見えるようにするだけだ。でも、逆に言えば…

仕事をしてることが全てだと思うなよ

昨日、彼と久しぶりに飲みにいった。彼は話も面白くないし、反応のほとんど1分後くらいに帰ってくる始末だから、 最近はあまり一緒に飲みにいくことさえなくなっていた。 仕事の帰りも遅いし。私がいつも彼に憤ること、それは、 「今日は早く帰るよ!」とか…

愛されない苦しみか愛せない苦しみか

題名のとおり。愛されない苦しみか、愛せない苦しみか問題は生まれてこの方いまだに尾を引いている。両親との蟠りはようやく解消した。 というよりも、私の勘違いや思い込みがもたらす不和であっただけであった。思春期を引きずり過ぎてしまっただけだった。…

とうとうそろそろ無一文

今日、気づいてしまったびっくり切ない事件の話。夕方ふと、(あれ?家賃払ってたっけ?)と気づいてしまった私。調べてみると、まさかのまさか、支払ってなかったのである。ああこれだけあれば、今月も生きていけるなあと単純に考えていた私。だがしかし、…

やってみるまで、答えはわからない

ようやく終わった・・・昨日、私の一大イベントが無事終了した。新しい会社に入って、4ヶ月。韓国の会社と契約に至るまですったもんだで3ヶ月を費やして、 とうとう契約まで漕ぎ着けた。昭和初期からある古い会社。 今でも稟議はハンコ集めのスタンプラリ…

性病にご注意2

とうとう病院に行って来ましたよ、というお話。夜までやっている婦人科だったので、 女性のメッカみたいになっていたよ。ああこんなにいるけれど、性病で来ちゃってるのって、 私だけなんじゃねえのかな、という切ない感じ凄かった。妊娠している人や、妊娠…

性病にご注意

股に蜘蛛の巣張ってるくらいヤってないからって、 性病じゃないとは限らない。そういうことを学んだ今日この頃。それこそヤリにヤリまくっていた20代。確か27才の時にビビって受けた検査はクリーンだった。そして、、、今日悲報が届いた。まさかのクラミ…

満月を仰ぎ見ながら寝る夜 父にも仏眼と十字神秘が両手にあったことを初めて知った。 3人の子供を田舎の自営業ながら大学まで行かせたのだから、それはそうかもしれない。 収入がままならくて、そんな中大学受験の勉強を夜中までしている私を見て、鬱にまで…