読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

口とペニスだけの男たち

ひとりごと

私の会社で働いて欲しい。

としつこく言ってくる人がいる。

わたしはそろそろ仕事がしたいと思っていたし、待遇も良いから働こうかと思った。

でも。

それとはまったく別の話になるんだけど、と付け足して、

どうしてもわたしとヤりたいのだという。

2ヶ月に1度でいい、それでもいいから泊まってはくれないかと。

それを断ったとしても、仕事において何か待遇を変えるということはないという前置きをして。

彼氏ができたのでごめんなさい、と言って、おめでとう!応援するね、と言った舌の根も乾かないうちにどうしてそんなことが言えるのか不思議である。

 

そして、もう1人。

愛している、愛している、愛している攻撃がラインで毎晩。

そして、毎回毎回、支えます、生活の面倒をみます、となんども言われる。

成功する前からの知り合いであるから、そこが良いのだと。

そして、こんなに長くわたしを愛し続けてる(一方的にな)のは俺くらいだろう、と。

まあ確かに6年も愛してる攻撃を受け続けたことはないわな。

確かに、それだけの金は有り余っているであろう。

わたしを囲っても、金銭的に痛くもかゆくもないだろう。

でもさ、それ、いったいいつ実行してくれるっていうの?

結局口だけ。ヤりたいだけ。わたしを所有したいだけ。

 

さらに、もう1人。

わたしと結婚している時にさんざんキャバ嬢と遊びまくっていたくせに、すべて惨敗すると毎度毎度、お前にみじめな思いはさせたくないんだ、なんでもするよ、だから戻ってきてくれないか。という電話攻撃をしてくる。

結局、奴隷が再び欲しいだけ。

っていうか、すでにもうみじめな思いはしてるっちゅーねんな。

金はあるくせにどけちだから、慰謝料をまさかの36回分割にした挙句に、個人でなく会社から振り込んでくる不届きものである。

そして、毎度毎度2〜3ヶ月遅れる。

結局、口だけ。

 

本当に男って口とペニスだけだよね。

 

自分の口に自分のペニスでも突っ込んでたらええねん。