読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

幼少期の傷

思春期から成人してからの精神的な問題は幼少期に何かしらの問題があったという考えが心理学ではセオリーである。

 

私は、本当に今の今まで、何も問題のない幸せな家庭に育ったはずだと信じて疑わなかった。むしろ、幼少期に何かしらの問題があったと私が考えるということに罪の意識を感じていた。だからこそ、どこのカウンセリングに行こうが、精神科の先生に問われようが、「全く何も問題はありませんでした」と答えてきた。

むしろ、そこに着眼点を置かれることに憤ってさえいた。心理学だなんてたいそうな学問のように聞こえるけれど、結局犯人探ししているだけじゃないの、と思っていた。

 

本当は、そう思いたかっただけだったのだ。

 

幼少期の心理的なアプローチに関する質問に過剰反応したり、何もなかったという主張をすることに固執すること自体が問題であることに全く気付いていなかったのだった。

幼少期の記憶がほとんど抜け落ちているにも関わらず、そのような主張をし続けていることがすでに問題はそこにあるということを示していたはずなのに。

 

私は、何不自由なく中流の幸せな家庭で、両親に愛されて育った。

だからこそ、私が現状で摂食障害や、感情に関する問題を抱えていることは、罪である。という思想が私を牛耳ってきたのだと思う。

 

本当は、そんなことはなかったのだ。

 

最近になって、様々な幼少期のエピソードを思い出し始めている。

何がトリガーになったのかは、正直私もわからない。

瞑想だったのか、その瞑想ワークショップの講師の方の愛情に触れたことにより触発されたのかは、わからない。

 

客観的に見れば、幸せな家庭で、年の離れた末っ子で、一番可愛がられた。(と言われている)

でも、幼少期の私の感情はそうではなかったのだ。

そう思わなければいけない、と思って生きて来た結果がこれである。

 

だからとて、両親の私への愛情が足りなかったとか、虐待をされた、というのでもない。

幼少期に私は、愛に対して欲求不満を感じていた、ということなのだ。

両親が最大限の愛情を注いでくれたのかもしれない。

それでも、私の感じた愛情の量は私の求める愛情よりも少なかったということ。

誰が悪いというのではなく、事実がそうであったということなのだった。

 

私は、確かに、愛情をずっと欲していた。

最近思い出した記憶だけれど、私は2階の部屋で寝起きしていて、毎晩寝た振りをしては、階段のところで、両親に見えないところに位置しては両親の会話を盗み聞きしていたのだ。それは何を意味するかというと、私のことを愛しているのか、私の悪口を影で言われていないかの確認作業であった。また、私の今日の行動は正しかったのかどうかの確認も併せてしていたのだと思う。

それは、幼稚園の時から始まった習慣だったので、重度といえば重度である。

たまに、見つかっては、夢遊病だと言われたことも最近思い出した。

私は、寝てなどいなかったのだ。夢遊病ではなく、寝たふりをしては、両親の会話を偵察していたのであった。

 

そう考えると、今の私の問題の根は本当はかなり深いように思える。

もうすぐ29歳である。アラサーというものになっているのにも関わらず、自己の未消化の感情と日々戦っているのである。

 

私の中にはものごごろついた時から、大人の私と、子供の私が同居していた。

ものすごく大人びた発言をしたり、世の中をこんなもんかと冷めた目で見ている反面、泣きじゃくりたくなったり、癇癪をおこしたくなったりしていた自分がいた。

誰かに100パーセントべったりと甘えたい欲求が常にあった。

それでも、その甘えるということをしたことがなかったので、一体どうしたらいいのかわからずに生きてきた。

自分のことを愛してくれているかどうかの尺度を、甘えることができないために、わがままを言いまくり、相手を傷つけるような言動をし、それでもそばに居てくれるかどうかで、ずっと推し量って生きてきたのだ。

母親にそうしてきた。そして、付き合った相手にそうしてきた。

夫にももしかしたら、そうしてきたのかもしれない。

 

それが、私の人生における人間関係をややこしくしてきたのだろうと今ではわかる。

でも、少し前までは、全くわからずに、ただただ人を傷つけ、自分への愛情を確認して生きてきてしまったのだ。

 

沖縄で瞑想1

沖縄とは、とても私にとって意味のある場所であった。

なぜなら、元旦那と毎年3回以上訪れていた場所であったから。

高いリゾートホテルに泊まって、飲んで食って寝て、、、

結婚式も沖縄で挙げた。

素晴らしい結婚式だった。

だからこそ、本当は沖縄に行くということは、私にとって苦痛だった。

彼との思い出がある場所。

そして、自分が最大限恵まれた環境だった時に来ていた場所だったから。

高級ホテルで一流のおもてなし、というものに慣れすぎていたということに気づいたのは、何もない離婚後の私だった。

泊まるのは、安いビジネスホテル、又はひどい時にはカプセルホテル。

本来の私にとっては、屁でもない場所だったのだけれど、感覚が麻痺していたのでしょう。

自分は、セレブなのだと勘違いしていた。

それを、体現していたのがまさに沖縄だったのかもしれない。

そんな沖縄に、毎月ご縁があって行く羽目になった。

行くたびに、何か心の中でわだかまりを感じていた。

社長の奥様であった私、と本来の何もない私とのせめぎ合い。

変なプライドが私をいつも苦しませていた。

私は一体、どっちなの?とも思っていた。

どっちもこっちも離婚しちまったんだから、決まっているであろうに、

くよくよくよくよ考えていた。

離婚を切り出し、突っ切っていた私なのに、結局、そこに囚われていたのだろう。

お金があるとは、どういうことか、よくよく考える必要があったのかもしれない。

私が人生において、見てきた金持ちというものは、悲惨な精神状態に置かれている人ばかりだった。

私の叔母がそうであった。

都内でも一等地の大地主と結婚をしたものの、旦那の浮気や、相続の問題、家族の問題に苛まれて、結局癌で亡くなってしまった。

私がその叔母が大好きであったし、聡明な彼女を尊敬していた。

でも、その有様を見ていたからこそ、金持ちはごめんだと思っていた。

しかし、たまたま私が知らずに結婚した相手も、実は大地主の息子だった。

民法を知っていれば、誰でも理解できるとは思うのだが、例えば、資産家に嫁いだとする。

そこで、私にその資産が入ってくるのは、両親が死んで、かつ、夫が死んだ時である。

ということは、結局、資産家に嫁いだところで、私にはなんのメリットもないのだ。

私の場合は歳も近かったから。

それを理解して嫁いだことは理解してもらえなかった。

いつもすごく警戒されていた。

というか、そのご両親が民法を知らなかったのかもしれない疑惑もある。笑

金持ちはごめんだと思っている私が、嫁いだ先が、大地主というミステイク。

結局、離婚しちまったけれど、それはそれで良かったと思っている。

子供ができなくて良かった。

 

ということで、そういう感情を未完了にしたまま、毎月沖縄に行っていた私。

行くたびにやはり、いろいろな感情との戦いになる。

私は離婚して良かったのか?

離婚しなければ、もっと良いホテルに泊まれたのではないか?

とか。

そんなくだらないことをいちいち思い出しては、ナーバスになっていた。

 

つまるところ、私は、離婚後1年半も経とうとしているのに、過去の栄光にすがっていたのだということである。

情けない。

でも、その考えを手放すことも、怖くてできなかった。

何にもない私。

そこに、何の価値があろうか。

 

それを払拭できたのが今回の瞑想のワークであった。