読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Way to be HAPPY

Life is a Journey

カミーノ巡礼 27日目

カミーノ巡礼

27日目。

Pamplona to Leon (by ALIVA)

帰りの列車の中でこのブログを書いている。

今回のPamplonaへの旅は予想以上に楽しく、素晴らしいものになった。

カミーノの旅へ、「期待しないこと」を学びに来た。

その成果というか、期待しないことによって、ものすごく素晴らしい経験が出来るということを学んだ。

昨日、クラブ兼バルからヘロヘロになって帰宅したのは朝方の3時半であった。

みんな連日の寝不足と、飲みすぎ、踊りすぎでものすごく疲れていた。

そして、帰ってから1人ずつお風呂に入ることとなった。

私は3番目。

本当はもう眠くて眠くて、シャワーなど浴びずにそのまま寝てしまいたかった。

そして、眠たいから明日シャワーを浴びると言うと、

みんなが、汚ねえから入れ入れとやたらと私をお風呂に入れたがった。

その時は、その文言通り、(確かに汚ねえしな…)と思っていたので、渋々お風呂に入ることにした。

バル兼クラブは、床に酒が散らばっていてものすごく汚かったし、ワインの臭いやら、ビールの臭いやら、人々の胃から上がってくる代謝出来なかったアルコールの臭いやら、タバコの臭いやらで、充満していた。

そんな中で約5時間アホみたいに踊り狂っていたのだから、当然全身が臭くなっていたので、シャワーはやはり気持ちよかった。

そして、スッキリしてお風呂から上がった。

部屋に戻ると、部屋中の電気が消されていて、(ああ、もうみんな寝てるのかな)と思った。

そうして、部屋に入って行くと、

2本のロウソクが灯されているのが見えた。

1本は、2という数字とミニーちゃんのロウソク、

そして、もう1本は9という数字のロウソクだった。

彼らは、なんと私のバースデーケーキを用意していてくれたのであった。

そのケーキには、

29th HAPPY BIRTHDAY !! レイちゃんおめでとう!

K、T、Yより

と綺麗な白い文字で書かれていた。

バルで何度も何度も聞いていた音楽がバックミュージックとしてかけられていた。

そして、その音楽が途絶えた瞬間、

「ハッピバースデートゥーユー♫」

とみんなで歌ってくれたのであった。

私は、自分のバースデーを祝ってもらえるなんて思ってもみなかったし、

(実際の誕生日はあと半月後であった)

まさか、あの時2人で買い物に行ったときにケーキを買ってきてくれているなんて、思っていなかったので、

ものすごくビックリしたし、感動した。嬉しかった。

泣きそうになった。

そして、今、これを車内で書いている最中に実際に泣けてきた。

彼らの真心がものすごく伝わってきたし、

こんなに素晴らしい人たちと出会えたこと、そのことが心から嬉しかった。

もし、私が、彼らが私の誕生日を祝ってくれることを期待していたら、こうは感動しなかったであろうと思う。

期待しないことは、こういう感動をも呼び覚ましてくれるのだと感じた。

彼らはものすごく眠かっただろし、ものすごく疲れ果てていた。

それなのに、私がお風呂から上がってくるまで寝ずに、準備をして待っていてくれたのだ。

こんなに嬉しいことはなかった。

心からありがとうとお礼を言って、ろうそくの火を消した。

なんて素晴らしいプレ誕生日会であろうか。

もう、日本に戻って、誰にも祝ってもらえなくともいいと思った。

日本に戻れば、元夫やら、他の男性が私の誕生日を祝おうとしてくれるだろう。

でも、そこには何かしらの期待があり、そして、私の期待の方が大きくてきっと満足などしないだろう。

彼らのサプライズで、もう私は満足できたのだった。

素晴らしい誕生日会をどうもありがとう、という感じである。

それから、朝方5時にようやく眠りについて、みんなで大爆睡。

本当にみんな疲れ果てていたので、すぐ眠りについた。

そして、お昼にようやくみんな起きだした。

私は13時の列車でレオンに帰らなければならなかったので、

Yさんが車で駅まで送ってくれた。

みんなも、わざわざ道まで出てきてくれて、見えなくなる最後の最後まで手を振って送り出してくれた。

そして、Yさんは、すぐ私を下ろして帰るのかと思いきや、

列車が来て、去るまでずっと一緒にコーヒーを飲みながら待っていてくれた。

最後の最後まで手を振ってくれて、待っていてくれた。

本当に嬉しかった。

それも、そこまで期待していなかったからこそかも知れない。

人に期待しないということは、思わぬ喜びを与えてくれるものであるし、その期待が叶わなかった時、相手に負の感情を持たなくて済むのだと学んだ。

本当に素晴らしい3日間だった。

友情とは何か、思いやりとは何か、私が知らないだけで、この日本にまだどれだけ素晴らしい人々がいるか、教えてくれた短い旅であった。

本当に、本当に、ありがとう、みんな。