Way to be HAPPY

Life is a Journey

帰省

久しぶりに実家に帰省した。 私は、何を隠そう両親が大好きである。 父は昔ながらの頑固オヤジ。 母は昔ながらの良妻賢母。 所謂昭和の過程のイメージ。 それでも、私を愛し、育ててきてくれた記憶がある。 両親は夫婦としては正直どうかと私は思う。 それで…

ボディトーク 5

ボディトークを受けたその日はなんと満月の日で、私が人生を変えていく決意をする日にぴったりの日だったということを教えてくれた。 別日で予約をお願いしていたのに、この満月の日を指定したのは彼女であった。 なんだか本当に素晴らしい未来が開けていく…

ボディトーク4

話がいつもの通り反れにに反りきっているので、戻そうと思う。 横になっている私の左手を掴んだり、放したりしながら、私の肩に手を当て、何かブツブツと言っている彼女・・・ 「触覚・・・足の裏・・・ブツブツ・・・」 と、触覚と足の裏だけしか聞き取れな…

ボディトーク3 〜私の膵臓は食べないで〜

ちなみに「膵臓」さんについておさらいをしようと思う。 膵臓 - Wikipedia これな。 君の膵臓を食べたい という本が最近やたらと気になっていたのだが、もしかしたら膵臓さんからのメッセージだったんじゃ?という気がしないでもない。 で、膵臓とは? 膵臓…

生きる意味

朝が来るのが厭わしい。 起きることが怖くて、何度起きようとも、何度も何度も寝ようとする癖がついた。 夜の仕事だから、何時まで寝ていようと御構い無しなので、毎日12時間ほど夢の中で生きるようになった。 もちろん、夢の中では、歯が全部抜け落ちちゃ…

ボディトーク3

そして、彼女はおもむろに私の腸の部分を触った。 その後に膵臓の部分も触った。 「内臓がもう限界レベルに疲れていますね。 特に膵臓。ちょっと両方の肋骨を触ってみてください。 左側の膵臓がある肋骨の部分が盛り上がっているのがわかりますか? 膵臓の使…

ボディトーク2

都内のとある駅のセッションルームに向かう。 私のボディーは一体何を言ってくるのであろうと、少し不安、そして、少し楽しみな気持ちで向かった。 普通の清潔そうな40代の女性が、私を招き入れてくれた。 スピリチュアル業界によくいるような、満面の胡散…

ボディトーク1

とある居酒屋で出会ったAさんより、この世に「ボディトーク」なるものがあるということで、大変興味が湧いた私だった。 ボディトークとはその名の通り、体は全て知っている→ということで、身体に聞いてみよう!的なスタンスのものなのだと言う。 頭で知覚し…

あっさり内定

地方の県にノリで引っ越しちまったもんだから、その県で仕事を探していた。 地元の企業を2社受けて、落ちた。 いけ好かない奴に、ダメだと言われているようで、自信が全くなくなった。 こんな奴にダメだと判断されるのだから、よっぽど私はダメなんだろうと…

クラブとママと私

縁あって私は今、夜のクラブで働いている。 私は、他の女の子よりも見た目は良いらしく、お客様にすごく可愛がってもらっている。 でも、客を引く気はさらさらないので、ヘルプで居させて欲しいと伝えてある。 私が行く先々で問題が多発するのは、この見た目…