Way to be HAPPY

Life is a Journey

ロン毛の金八どこいった

すごい発見

私は頭にくると、パソコンをぶん投げる癖があるようだ

それでもまだ生きているマックちゃんで今書いているけれど

ちなみに床は凹んでたわ

私もついでに凹んどいた

凹むの「凹」長年の謎なんだけど、これ、漢字なの?

人を、なんか支え合ってるから「人」なんだとかなんとか金八先生言ってたけど、
そういやあの人どこいったね?

新しい世界で、古い価値観に引きずられ、そのうち引きちぎられるんじゃないかという
よくわからない不安と戦っているよ今日も

過去に生きるでもなく、未来に生きるでもなく、今を生きる
それが実は一番大変。

大変ってことはわたしにとって、大いに変だってことなんやな。

息をする、それだけでもう難儀ですよ

誰か代わりに息して欲しいよ

ちょーーーーーーー末期

ここ最近ひどい有様

ずっと調子よくきていたのに、
ここにきて、気持ちがぐっちゃぐちゃ

仕事中に吐くこと2日目

こんなこと、なかったというのに

ここに居るのがもう、本当にいや

ここに存在している自分がもう許せなくなったきた

でも、そういう気持ちはいけないらしい

でもでも、もうout of control

ほとんどout of order

久しぶりに一人で過ごせた私は大量に酒を飲んだ挙句

部屋でちょーーーシャウトしてた

泣き叫んでやったよ、久しぶりに

RCでよかったよ、本当に

なんでここまでして生きていなきゃなんないのか

なんでなにも決断できないのか

なんでなにも楽しいことを見つけられないのか

もう皆目検討つかないね

もうわたしは疲れた、本当に

最近考えること、それは「金」

金ってなんなんだ。

あっても、なくても幸せにはならない

本人が幸せにならなければ

すごく逆説的

全て失うことが幸せへの入り口だと思ってた

もっと前には、お金があれば幸せになると信じていた

結果としては、そのどちらも幸せには繋がってなかった。

さて、そうなるとすれば、何がわれわれを幸せに導いてくれるのか。

もう、それはさ、

幸せは自分のこころが決める

byあいだみつを

だったわけで。

金があってもなくても、幸せな人は幸せなのだなーーーーーと。

そこを目指す。それしかない。

毎日オフィスの外で見るホームレス、彼らの方がよっぽど幸せなんじゃないかと思ってたところだったのさ

復活祭

えーっと、最近の口癖は「ワクワク」の痛い系女子です、こんばんは。

そして、上記の発言をするにあたって私にそういう観念があると気づいた方、するどい!

「ワクワク」「ウキウキ」=痛い系 としてバカにしてきました。

バカにするということ自体がもはやそれを認めているということでございます、
というか、自分に手に入らないからこそ、バカにするという手段をとって、
自分を納得させるという巧妙な手段でもあります。

ちょーーーそれに憧れてました、いや、憧れています。

斜め45度で美白で自分を写メする人をバカにしていました。
はい、私は本当はそれをやってみたかった。
キメ顔をしてみたかった。
でも、なんでかできなかった。
だから、そんな自分を正当化するために、心の中でバカにしていたんです、はい。

だから、本当はちょー厚化粧して、ミニスカートはいて、露出したいんだという結論に至りました。

古いかしら?

ちなみにこの前の台風のとき、全裸(パンツは脱げなかった)で路上を走り回ってきました。

ちょーーーーーーーーーーーーーーーーー気持ちよかった

次の台風そろそろくるので、ちょっとおすすめしときます。

※一皮剥けます

次の日気付けば、服はでろでろ、靴は泥だらけで面食らいましたが、
あーこれはヌーディストビーチのやつらの気分だと開放感甚だしく

とりあえず、行き詰まったら裸で嵐の中に飛び込むことをおすすめいたします。

まあ、その一部始終を心配ながら、しかし、一切止められずに遠巻きにずぶ濡れになりながらも見守っていてくれたパートナーに
意気地なしというか、ありがたいというか、そこは真剣に悩むべきとこだとは思っていますが。

さすがにちょっと全裸で出社はできませんが。

新しい自分を垣間見ました。

brighter than the sun

太陽よりも輝く

もうその言葉自体が輝かしい

それを聞いたときから、私の心に残っている言葉

どんな逆境にあっても、決して諦めない

どんな環境にあっても、決して屈服しない

そのすべてが集約された言葉

ここより進んだ文明というか文化というか、
そういうとこには言葉は存在せず、テレパシーで事足りるという

でも、私はこんなまどろっこしい世界にいるけど、
それでよかったと思う

ニュアンスもある、テイストもある、言葉にはそれがある

というか私は言語外のコミュニケーションの仕方を知らないだけなんだろうけど

まどろっこしさの先に、新しい芸術はあると思う

この同じ日本語なんだけど全然つうじねーな とか
あーこの人言わなくても通じるわ とか
そういう感覚は、このまどろっこしい言語というものが介在しているから得られる報酬なんじゃないかと

ってことで、待ってるよ今日も。
宇宙人の言語外コミュニケーション!!
(いつくるんだおまえは)

家族

お盆で実家に帰った。

そして早速逃げ帰ってきた。

本当は帰りたくない。

でも、本当は帰りたい。

本当の私の居場所だった場所へ。

姉に子供ができたのは1年前。

ずっと不妊だったから、そして我が実家には孫というものがいなかったから、
皆心から喜んだ。

もちろん私も喜んだ。と思う。

実家には帰るともう姉夫婦とその子供が陣取っていて、私の居場所なんてなかった。

私なんて帰っても帰らなくても同じだと感じた。

子供を作るどころかさっさと離婚してしまった私。

どんなに稼いでも、姉夫婦よりも稼いでも、認められなかった私。

そう思うと、哀しみしかない。

古い価値観に囚われた家系。

相手が大企業に勤めていること、大学を出ていること、そういう観点で判断されるような家。

私はもうそういうのにうんざりだ。

姉よりも頑張った。いい大学に行った。でも捕まえた男が悪かった。

姉よりも稼いだ、姉の旦那よりも稼いだ。

でも、認められなかった。

ずっとこういう考えに縛られている。

帰るたびに、帰る家に、姉夫婦が陣取っている限り。

もう、私は二の次なんだなあ・・・そう思う自分に嫌気がさす。

結局、世間体やそういうステータスを気にしているのは私、ということ。

家族というよくわからないしがらみに囚われている限り、私は何度帰省しても同じような感情に陥る。

私はどうして、こうまでも気にしてしまうのだろう。

きっと誰もそんなことは気にしていないのだろう。

ただ、私の幸せを願っているかもしれないのに。

どうして、人と比べてしまうのだろう。

どうして、自分という存在を否定し続ける方向に思考がいってしまうのだろう。

居場所がない。

どこにもない。

私と石とハイヤーセルフ

で、結局いい感じに酔っ払っている私の指は止まりませんでした。

なぜ、酔うと、こうも書きたくなるのか、至極謎。

アルコールは大脳を麻痺させて、通常はそこで制御できていることができなくなるというけど、
ということは、私は常にこうやって書く事を自分に禁止しているのかもしれないとちょっと思った。

本当はどうだか知らない。ただ、今は書きたいから書いておく。
手がすべるようにうごく。

お客さんにメールを打っている時の2倍速でね。笑

前述のジュエリー販売のサイトとは、パワーストーンと言われている石をジュエリーのように
売っているサイトで、結構気に入っていた。

そして、結構な上客だったw

でも、そういうカウンセリングというかそういうものがあるとは知らなくて、
たまたまメールが来て、たまたま申し込んだだけ。

でも、たまたまってないんだね、と思った。

数人選択肢があって、プロフィールも特に読まずに、写真だけでああこの人だなと決めた。

そして、電話のセッションだったので、電話がかかってきた。

なんか最初からお互いネタみたいなこと話してるし、初対面(対面さえしてないけど)なんだけど、
昔からの友達と話してるような錯覚。

お悩み相談的な会話はいっさいなく、最初からただの世間話のようなノリ。

私のハイヤーセルフがどう言っているかという話になって、
あー今はもう何もしたくないんですねー気力もないですよねー、
じゃ、もう何もしなくていいって言ってますーと言われ、
あーーーーーそうだよねーーーーとなぜか納得。

だって本当にもうなんの気力もないんだもん。

でも、それを責めに責めていた。

それを、責める必要はなくて、今はもう水面にぷかぷか浮かんでいるような感じでやりすごしましょう、と。笑

そうハイヤーセルフは言っています。みたいな。

あーもういいのねーってなった。

今、仕事でも、意外と営業って余裕があって、前代未聞の定時上がりしかしていない。

今月の残業時間のワーストは絶対に私。

残業代で稼ぐみたいな、暇でもまだいる、みたいなOlだか派遣だかみたいな感覚は本当に無理。

お金があろうと、なかろうと、まじやることはさっさと終わらせて消えて居なくなりたいタイプな私。

毎月、平均残業時間が発表される我が社だけれど、ほとんどは仕事ができないか、本当にできて契約で忙しいか、
それか残業のために残業している人々しかいないと思っている。

残業時間が多い営業ほど、数字が悪いのも事実。残念ながら。

でも、もうそういうのも頑張らないくていいよーと。

自分を責めなくていいよーと。

驚くべきことは、私が自分で会社をやって成功したいというビジョンを語らずとも言われてしまった点。

と、ジュエリーを販売している店のカウンセリングとしてやっているのに、
私がちょっと頭の中で(おすすめの石のジュエリー教えてもらおっかなー)と思っただけで、

いや、もう買わなくていいですよ。あれはただのモノなので、そこに依存するのはちょっと。
デザインが単純に好きならまだしも、効能とか期待するなら買う必要ないです、と言い切られたとこ。

俄然好きになってしまった。

なにそれwwwwってこっちが面食らってしまった。

普通、営業しないにしても、買わなくていいです、は言わないでしょwと。

でも、それでなんだか納得してしまったし、気付かれたことに超絶びびった。

私、言ってないんですけど!みたいな。考えていただけなのに、なんでわかるの?と。

ということで、石にはもう頼りませんが、もうちょっと自分と対話する必要性を指摘されたので、
自分との対話を楽しみつつ、もーーーーなにもしなーーーーーーい、と決めた今日このごろ。